婚約指輪と結婚指輪の違いってなに?

婚約指輪について

手

結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪の違いについて説明します。多くの人がイメージするプロポーズの時に渡す指輪が「婚約指輪」で、結婚式の時にお互いで着ける指輪が「結婚指輪」です。婚約指輪は、プロポーズのときに渡すように、結婚を願う男性が意中の彼女に贈る指輪です。基本的に婚約指輪はダイヤモンドを使ったリングが定番です。婚約指輪は、男性がサプライズで渡すことが多いので、彼女に相談することなく男性一人で選びます。予算決めからデザイン、サイズ決めまで専門店でスタッフと相談しながら彼女が喜ぶリングを決める作業は、楽しくもあり緊張する時間でもあります。無事、婚約が決まれば結婚指輪を彼女と二人で選ぶことになるでしょう。

婚約指輪の予算

婚約指輪の予算は、多くの男性が悩む点です。「婚約指輪の予算は給料の三ヶ月分」という言葉が有名ですが、実際のところどれくらいの予算が最適なのでしょうか。一昔前までは、婚約指輪にかけるお金が多いこともありましたが、現在は給料の三ヶ月分も婚約指輪にかける人は少なくなっています。一般的には給料の1.5ヶ月分程度が目安のようです。また、年齢によっても婚約指輪の予算は変わり、20歳から29歳の方は、20万~30万円が多いようですが、30歳以上だと婚約指輪に40万円以上かける方もいます。婚約指輪は予算決めで素材や宝石の質、デザインも変わるので時間をかけて予算を決めたいところです。とはいうものの、女性にとって婚約指輪の大事なポイントは価格ではありません。男性から贈られるというその行為が喜ばしいことであり、値段は二の次です。予算よりも、彼女が喜んでくれるかどうかをポイントに婚約指輪を選びましょう。

婚約指輪を選ぶ前に知っておきたいこと

  • 彼女の指のサイズ
  • 彼女の好み
  • 指輪の素材と宝石の種類
  • ダイヤモンドのレベル
  • 指輪購入までの期間

気持ちが一番大切

未婚の方ならば誰でも婚約指輪選びは初めての経験です。緊張もしますが、大事なポイントは気持ちです。あまり気負いせずに楽しみながら選んでみましょう。

広告募集中